【副業】Twitterで有償依頼の募集をオススメしない理由

  • URLをコピーしました!

・Twitterで有償依頼を募集したい
・トラブルは避けたい

Twitterは発信が気軽にできて多くの人との交流が出来るSNSです。

現在もTwitterでイラスト作成、動画編集、音源MIXなどの依頼を有償で受けている方が多くいらっしゃいます。

今回の記事では有償依頼の募集をTwitterで行う場合のデメリットを解説していきます。

目次

Twitterで有償依頼の募集をオススメしない2つの理由

Twitterで有償依頼の募集をオススメしない理由

・依頼者とのトラブルが多い
・無償が当たり前思考の人が多い

依頼者とのトラブルが多い

依頼者とのトラブルは非常に多く被害にあった方が注意喚起のツイートをされているところをよく見かけます。

よくあるトラブル

・作品の持ち逃げ
・報酬の未払い

実際に起きた例①

イラスト作成を行って下書きの状態でお客さんに確認したところ下書き状態のイラストを保存されて音信普通になった。

実際に起きた例②

作品が完成してあとはお客さんから報酬を支払ってもらうだけ。
しかしお客さんから「支払いを少し待ってほしい」と言われて待つも一向に支払われず。

るるちゃん

実際に多く起きているトラブルです

無償が当たり前思考の人が多い

Twitterでは無償で依頼を受けている人の割合が多く、
有償依頼自体を悪く見てしまう人もいます。

無償でやっている人が多いから無償が当たり前!
有償でやっている人はケチだなぁ。

有償依頼のみ受け付けているにもかかわらず、
無償でやってほしいと言ってくる人も少なくありません。

こういった思考の人がトラブルの引き金になるケースが多々あります。

スキルマーケットを利用する

トラブルを回避する、減らしたい場合はスキルマーケットの利用をオススメします。

スキルマーケットはスキルを出品・購入ができるサービスです。
さまざまなカテゴリごとのサービスを取り扱っていることが特徴です。

・イラスト1枚○○円で描きます
・動画編集1本●●円でやります

このようなサービスを出品してお客さんに買ってもらうことができます。

スキルマーケットをオススメする理由

・有償専門の取引ができる
・サイトを経由して取引を行える
・Twitterよりトラブルが断然少ない

スキルやサービスを出品・購入を行う為のサイトなので有償による取引が前提なのでお互いのニーズに合った人が集まります。
サイトを経由してやり取りや報酬の支払いを行う為、トラブルに繋がるリスクを抑えることも出来ます。

るるちゃん

それではオススメのスキルマーケットをいくつかご紹介します。

ココナラ

\ 無料登録で利用できます /

ココナラはスキルマーケットの中でも非常に規模の大きいサービスです。
取り扱いジャンルはとても広く、多くのジャンルに対応しています。

イラスト作成

動画編集

相場の目安

ジャンル相場価格
イラスト作成3,000~20,000円
動画編集5,000~30,000円
ロゴデザイン10,000~50,000円
英語翻訳1,000~10,000円
写真加工1,000~3,000円
ジャンルごとの参考相場

自分が出品できそうなジャンルは一度チェックしてみることをオススメします。
同じクオリティで出品されている方を参考に値段の相場を見ることができるので無料登録しておいて損は無いサイトです。

\ 無料登録で利用できます /

SKIMA

\ 無料登録で利用できます /

SKIMAはココナラ同様にジャンルはさまざまですがイラスト・デザインに特化したスキルマーケットです。

イラスト作成

ロゴ作成

相場の目安

ジャンル相場価格
SNSアイコンイラスト作成3,000~5,000円
立ち絵作成3,000~10,000円
似顔絵作成1,000~5,000円
キャラクター販売3,000~20,000円

SKIMAではイラストやロゴデザインに特化しており他にもVTuberのモデル販売なども行っています。

\ 無料登録で利用できます /

まとめ

Twitterではトラブルなどが多く、
有償依頼を募集する、依頼するならスキルマーケットを利用する

・有償依頼のために作られたサービス
・無料で登録可能
・幅広いジャンルを取り扱い

適切なプラットフォームを利用してあなたのスキルを誰かの役に立たせましょう。

他にはこんな記事が読まれています

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる